circle01 arrow03 arrow01 arrow02 mainxisual_arrow01 more01 file-text-o file-pdf-o file-word-o file-excel-o file-powerpoint-o sticky-note-o clone

NEWS お知らせ

【開催報告】理工学研究科・横断型コース・医理工学際連携コース 2019年度 第3回「医理工コースゼミ」

2019年09月5日イベント報告NEW

2019年8月30日に理工学研究科・横断型コース・医理工学際連携コースの恒例となった夏の「コースゼミ」が,野田キャンパス「NODA教育研究センター」(新7号館)にて開催されました。コースゼミは,コースの必須科目「医理工学特論」の3回分の授業の集中講義「特別講義」と,コース学生による研究発表の「ポスターセッション」から構成され,いずれも参加がコース修了要件となっています。コースゼミの「特別講義」は,真新しい6階講堂で行われました。外部講師による「特別講義」(3件)に加えて,「特別講演」(1件)もあり,実際の医療や健康に関わる分野の実践的な内容を中心に,医理工学分野の横断的連携の重要性が話されました。「ポスターセッション」では,2階共創エリアのオープンスペースにおいて17件のポスター発表が行われ,異分野連携の視点から活発に質疑や議論がなされました。本セッションは「ポスターコンペティション」形式となっており,コース教員及び外部講師による審査で,5件の優秀ポスター賞が選考されました。

参加者
学生71名+教員32名=合計103名
(うち,医理工学特論履修生33名,コース教員/協力教員22名)

特別講義
❶河中治樹先生(愛知県立大)「トイレの生体医工学」
❷五十嵐 豊先生(日本医大)「救命救急センターにおける重症患者の治療に対する人工知能の応用」
❸小松晃之先生(中央大)「人工酸素運搬体( 赤血球代替物) の開発と応用展開」

特別講演
大谷直子先生(大阪市大)「組織学的な特徴を生かした脂肪性肝炎様肝がんのイメージング」

優秀ポスター賞
・理工学研究科 機械工学専攻 修士1年 新井 一樹 
・理工学研究科 応用生物科学専攻 修士1年 今泉 現 
・理工学研究科 機械工学専攻 修士1年 佐藤 雄孔 
・理工学研究科 先端化学専攻 修士1年 宮下 満樹 
・理工学研究科 応用生物科学専攻 修士1年 山中 琴未 

今後も横断型コースでの研究活動の活性化をさらに図るため、こうした取組を推進していきたいと思います。